星野リゾート 音楽ニュース livehouse.com ライブハウス ドットコム

有名ギタリスト10名によるビートルズトリビュートアルバム「While Solo Guitar Beatly Weeps」

ライブハウス
- SHOP - 動画ランキング - NEWS - ケータイ - サイトの登録・更新 -
ようこそゲストさん! - ログイン - メンバー登録 - パスワード忘れ -
ライブハウス
ライブハウス HOME
シェア
ニュース
←戻る
`

星野リゾート 
2019/02/11      @Press
星野リゾート 界  ご当地ならではの春を感じる「桜・花旅」誕生実施期間:2019年3月1日〜5月31日

日本全国に展開する温泉旅館ブランド「星野リゾート 界」では、桜をはじめその地域の花を愛で、春を感じる滞在を提案します。その地域にある花見の名所観光をしながら楽しめる、和菓子を詰め合わせたお花見セットの販売や、花をテーマにした館内の設えなど、その地域ならではの滞在を用意します。


■ 界出雲(島根県・玉造温泉)島根の夜桜と文化を堪能する旅
界 出雲を出てすぐ目の前を流れる玉湯川の川沿いには、約400本(約2km)の桜並木が続き、島根県内の桜の名所の一つと云われています。界出雲では、夜間にライトアップされた桜を愛でながら、ゆっくりと和菓子を楽しむお花見を提案します。また、毎夜開催している伝統芸能「石見神楽(いわみかぐら)」は、期間限定で舞台を春の設えとし、花見と神楽の舞鑑賞を同時に堪能できます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_1.jpg

NEW お花見のお供に「割子菓子」販売
界 出雲では、島根県の郷土料理「割子そば」を模した「割子菓子」を提供します。江戸時代の島根県出雲地域では、野外でそばを食べるための弁当箱として重箱を用いており、割子菓子もそれを模して三段の重箱に和菓子を入れています。和菓子は春をイメージしたものを3種類用意し、お抹茶セットもつきます。
界 出雲から徒歩30秒で着く玉湯川沿いの桜の下で和菓子を食べながら、騒然たる日常を忘れて、静かなゆっくりとしたお花見ができます。
■期間:2019年3月11日〜4月26日
■時間:15:00〜21:30
■料金:1セット500円
■予約:フロント受付(1日5セット限定)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_3.jpg

「お花見神楽」開催
界出雲では島根の伝統芸能で神を祀るときに奏する舞楽「石見神楽」を、スタッフが毎夜披露しています。昨年に続き「お花見神楽」を開催し、日本神話に登場する須佐之男命(すさのおのみこと)と八岐大蛇(やまたのおろち)が桜の木の下で舞っているかのように、紙垂(しで)とライトアップで演出をします。
■期間:2019年3月11日〜4月26日
■時間:21:15〜21:30
■場所:ロビー
■料金:無料
■予約:不要
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_4.jpg


■ 界加賀(石川県・山代温泉)「大聖寺川貸切り流し舟」で花見開催
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_6.jpg
城下町の面影を残す加賀市大聖寺(だいしょうじ)に流れる大聖寺川は加賀随一の桜の名所で、手漕ぎの屋形船から川沿いに広がる桜並木を堪能できます。
界加賀では、宿泊者限定で屋形船を貸切り、専属の船頭が案内します。十万石の城下町として栄えた歴史ある町並みや、川沿いに咲き誇る桜を眺めながら、地域特産の加賀棒茶と地元の和菓子を優雅に味わえます。
■期間:2019年4月5日〜4月15日
■出発:14:00(所要約30分)
■場所:大聖寺八間道船乗場(界 加賀から車で15分)
■定員:一艘につき8名まで
■料金:1名あたり2,000円(税サ込)*宿泊代別
■予約:5日前までに電話にて申し込み( 2名より受付)
0570-073-011(界予約センター)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_7.jpg


■ NEW界津軽(青森県・大鰐温泉)桜色に染まる「津軽四季の水庭」誕生
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_5.jpg
4月1日にリニューアルオープンする界 津軽には、津軽文化に触れることができる「津軽四季の水庭」が新たに誕生します。
春は桜の開花時期に合わせて、水庭にある回廊を桜色に染め上げます。回廊の軒下には、りんごで染めた淡いピンク色の布を飾り、桜や津軽の伝統工芸品「こぎん刺し」の模様をあしらった金山焼のランプを配します。金山焼は津軽の伝統工芸品で、深みのある独特な風合いが特徴です。
また水庭では、桜茶・りんご茶・りんご紅茶を自由に飲むことができ、入浴後の湯涼みにも最適です。
日本桜の三大名所に挙げられる青森県弘前市の弘前城でお花見を楽しんだ後に、館内でも津軽文化に触れながら、夫婦やカップルで春のひと時をゆったりと過ごすことができます。
■期間:2019年4月25日〜5月10日
■時間:15:00〜22:00
■場所:津軽四季の水庭
■料金:無料
■予約:不要


■ NEW界鬼怒川(栃木県・鬼怒川温泉)「花見露天」と「民藝夜桜バー」オープン
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_8.jpg
界鬼怒川では、温泉旅館に滞在しながら桜を愛で春の訪れを感じる「花見露天」と「民藝(みんげい)夜桜バー」を提案します。
花見露天では、満開の桜を眺めながら名湯鬼怒川温泉の湯浴みが楽しめます。 夜には桜がライトアップされ、湯面に写る桜並木は時を忘れて眺めていられるほど美しい情景です。
民藝夜桜バーでは、ライトアップされた夜桜を間近に見ることができる「さくらの間」で、いちごのカクテルを提供します。さくらの間は、桜が活けられ、桜をモチーフに作成した藍染の布を天蓋のように飾り、とちぎの民藝品で華やかに設えます。カクテルは、栃木県が誇るいちごの品種「とちおとめ」を使用したものを提供します。まだ冷え込むことも多い春の夜に、館内で寛ぎながら楽しめる花見を提案します。
■期間:2019年4月9日〜4月14日 *開花状況により開催時期は前後します。
■時間:20:30〜22:00
■場所:さくらの間
■料金:カクテル1杯1,000円
■予約:不要
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_9.jpg


■ NEW界川治(栃木県・川治温泉)「里山の桜滞在プラン」登場
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_10.jpg
界 川治では1日3組限定で、客室や夕食会場の設え、お茶菓子などを通じて、里山の春を感じる滞在ができる「里山の桜滞在プラン」を販売します。
客室には、栃木の伝統工芸品「烏山和紙(からすやまわし)」で作った桜のファブリックパネルと、ひょうたんを加工し桜模様に切り抜いた「ひょうたんランプ」が飾られます。また桜が香る桜茶と桜のお茶菓子も客室に用意します。
夕食には、窓から夜桜を望む席を用意します。栃木の伝統工芸品で設えたテーブルセットで、桜を使用したお酒と一緒に会席料理が楽しめます。里山に咲く桜を眺めながら春夜のひとときを過ごせます。
■期間:2019年4月1日~5日
■料金:1泊2食付24,000円〜(2名1室利用時の1名料金、税サ込)
■予約:7日前までに専用プランにて申し込み(1日3組限定、1組4名まで)
■プラン内容:特別に設えた客室での宿泊、夕朝食、桜茶と桜のお茶菓子、
桜を使用したお酒


■ NEW界箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)桜の開花時期限定「夜桜茶屋」オープン
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_11.jpg
標高差がある箱根エリアでは、3月上旬から5月まで桜を楽しむことができます。界箱根のエントランスにもソメイヨシノや枝垂れ桜の木々があり、夜にはライトアップされたロマンチックな夜桜が楽しめます。
桜の開花時期には、期間限定で「夜桜茶屋」をオープンします。夜桜茶屋では、伝統工芸品である箱根寄木細工の器に、春をイメージした和菓子を入れ提供します。また、宿場町として栄えた江戸時代、旅人が甘酒で栄養補給をしていた歴史にちなみ、桜の花の塩漬けをのせた甘酒も用意します。
■期間:2019年3月26日〜4月6日 *開花状況により開催時期は前後します。
■時間:21:00〜21:30
■場所:ロビー
■料金:無料
■予約:不要


■ NEW界日光(栃木県・中禅寺温泉)花と団子と組子を楽しむ春限定の茶屋オープン
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_12.jpg
界日光では、春の時期に咲くいちごの花やヤシオツツジなど、日光の春の花を鑑賞しながら、伝統工芸体験ができる茶屋をオープンします。
茶屋は、徳川家将軍たちが日光を詣でた江戸時代の行事である「日光詣」の休息場をイメージしており、男体山(なんたいさん)の絶景が臨めるエントランスに設けられます。茶屋では、50年連続生産量1位を誇る栃木県のいちごと、地元の老舗製餡所の餡、金箔を使ったいちご団子を販売します。いちご団子は、いちごの花を添え、花の模様が掘られた日光彫の盆にのせ、抹茶とともに提供します。
また、茶屋の横では、鹿沼組子のコースター作りや日光下駄の試し履きなど、栃木の伝統工芸品に触れることができます。
■期間:2019年3月1日〜5月6日
■時間:15:00〜17:00
■場所:エントランス
■料金:いちご団子1,080円(税込)/ 鹿沼組子コースター1,800円(税込)
■予約:不要


■ NEW界遠州(静岡県・舘山寺温泉)「花茶滞在」登場
お茶処である静岡県に位置する界 遠州では、春の朗(ほが)らかな季節をお茶と共に楽しむ「花茶滞在」を提案します。お茶やお酒に花を合わせた飲み物が、滞在中の様々な時間帯で楽しめます。

ティーセラーに「春のブレンドフレーバー」登場
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_14.jpg
界 遠州には、静岡県産のお茶を集めたティーセラーがあります。このティーセラーに、春の時期限定で、花、ハーブ、フルーツなどのブレンドフレーバーを用意します。ブレンドフレーバーとは、お茶に混ぜ合わせ、お茶の味わいや香りを変えるものです。その時の気分や、時間帯に合わせて、好みのブレンド茶が作れます。
トラベルライブラリーから浜名湖と中庭を眺めながら、ブレンド茶を片手にゆったりとした時間が過ごせます。
■期間:2019年3月1日〜5月24日
■時間:15:00〜24:00/
5:00〜12:00
■場所:トラベルライブラリー
■料金:無料 ■予約:不要

「春のチャドコロバー」オープン
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_15.jpg
夕食後に、お酒を振る舞う「チャドコロバー」を中庭にオープンします。茶の木やツツジを植えた中庭は夜になるとライトアップされ、落ち着いた雰囲気となります。
お酒は、ジンにお茶を漬け込んだ「緑茶ジン」と、甘い桜のシロップにトニックウォーターを掛け合わせた「花茶ジン」を用意します。
■期間:2019年3月1日〜5月24日
■時間:20:45〜21:30
■場所:トラベルライブラリー
■料金:無料 ■予約:不要

「旅持ち茶器」でピクニック気分
画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_16.jpg
朝には、中庭でお茶を飲むことができる「旅持ち茶器」(たびもちちゃき)をフロントにて貸し出します。遠州綿紬のバックに風呂敷で包んだ急須、湯呑みを入れた、どこにでも持ち運べる可愛らしい茶器のセットです。お茶はティーセラーで作ったブレンド茶が飲めます。
■期間:2019年3月1日〜5月24日
■時間:6:00〜11:00
■場所:フロントにて貸し出し
■料金:無料
■予約:不要(数量限定)


■ NEW界阿蘇(大分県・瀬の本温泉)「ミヤマキリシマ乗馬」開催
画像15: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_17.jpg
界阿蘇では、九州の火山帯にしか生息しない花として登山ファンに親しまれている「ミヤマキリシマ」の美しさを多くの人に知ってもらう為、ミヤマキリシマの群生地を一望できる高原での乗馬体験を開催します。
「深い山に咲くツツジ」という意味を込めて名付けられた「ミヤマキリシマ」は、ツツジ科の高山植物で、1mほどの低木に紫紅色や薄紅色の花をつけ、5月中旬から6月上旬にかけて見頃を迎えます。
登山をするには体力的に自信がないという方も、乗馬であれば手軽にミヤマキリシマを楽しむことができます。いつもより一段高い馬の背より、高原の爽やかな風を受けながら見るミヤマキリシマのピンクの絨毯は格別です。
この時期、この場所でしか味わえない体験ができます。
■期間:2019年5月20日〜6月15日
■時間:12:00〜 12:30(所要約30分)
■場所:くじゅう連山・ココペリウェスタンライディング(界 阿蘇から車で約20分)
■料金:1人あたり8,000円(税サ込)*宿泊代別
■予約:宿泊5日前までに電話にて申し込み(2名より受付)
0570-073-011(界予約センター)


■ NEW界アルプス(長野県・大町温泉)色めく雪解けのアルプスを楽しむ旅
長い冬が終わると、桜をはじめとした様々な花が信州に春をつげます。界アルプスでは、春の信州の花と自然を存分に楽しめる「松崎和紙の花びら染め体験」と、春のおでかけのお供に「お花見かご」を用意します。

「松崎和紙の花びら染め体験」登場
画像16: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_19.jpg
界アルプスの春を彩る花々は桜、菜の花、りんご、あやめと様々です。花びら染め体験では、その花びらや樹皮から抽出した染液を使って、大町の伝統工芸品である松崎和紙を春色に染め上げ、はがきやしおり等オリジナルの和紙作品を作れます。
■期間:2019年4月4日〜5月31日
■時間:16:00〜18:00
■場所:トラベルライブラリー
■料金:無料
■予約:不要

「お花見かご」販売開始
画像17: https://www.atpress.ne.jp/releases/176616/img_176616_20.jpg
水面に映る桜が楽しめる仁科三湖(にしなさんこ)や、菜の花畑が一面に広がる中山高原は、春のおでかけにおすすめです。
界アルプスでは、おでかけ時に持ち歩けるお花見かごを数量限定で販売します。お花見かごには、菜の花オイルを使ったオリジナル焼き菓子など、お菓子を詰め合わせて入れます。
■期間:2019年4月4日〜5月31日
■時間:チェックアウト時
■料金:1泊2食付22,950円〜(2名1室利用時の1名料金、税サ込)
■予約:7日前までに専用プランにて申し込み(1日5室限定)


■ NEW界アンジン(静岡県・伊東温泉)「春色に染め


カテゴリ:告知・募集

マッチしたキーワード:アルバム ライブ 音楽

←戻る
ニュース



▼管理・運営
豊作プロジェクト株式会社
東京都中野区中野3-1-6 N-1 ビル4F
Info@livehouse.com
▼サポート
システムサポート:ECサイト構築の豊作プロジェクト
デザイン:HANAMARU COMIX

▼このサイトはECサイト構築システムの豊作くんの技術で稼動しています。   情報の無断転載・転用は禁じます
Powered by ECサイト構築システムの豊作くん