株式会社ホンダアクセス 音楽ニュース livehouse.com ライブハウス ドットコム

有名ギタリスト10名によるビートルズトリビュートアルバム「While Solo Guitar Beatly Weeps」

ライブハウス
- SHOP - 動画ランキング - NEWS - ケータイ - サイトの登録・更新 -
ようこそゲストさん! - ログイン - メンバー登録 - パスワード忘れ -
ライブハウス
ライブハウス HOME
シェア
ニュース
←戻る
`

株式会社ホンダアクセス 
2018/03/14      @Press
ホンダアクセス調べ 花見・桜の名所に行くドライブで聞きたい! 今年の桜ソング 「さくら(ケツメイシ)」がダントツ

日本をキーステーションに、Honda車をさらに魅力的・快適・安全にする製品を提供する株式会社ホンダアクセス(所在地:埼玉県新座市、代表取締役 社長執行役員:松居 祥二)は、2018年2月9日〜2月14日の6日間、自分のクルマを持っている20歳〜39歳の女性ドライバー1,000名に対し「女性ドライバーのカーライフに関する調査2018」をインターネットリサーチで実施し、有効サンプルを集計いたしました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

[調査結果]
≪女性ドライバーのクルマ選び≫
■女性ドライバーの運転頻度 「ほぼ毎日」が4割強
■女性ドライバーが運転するクルマ 2人に1人が「軽自動車」 ママドライバーの4人に1人は「ミニバン」を運転

まず、自分のクルマを持っている20歳〜39歳の女性ドライバー1,000名(全回答者)に、運転する頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日」との回答が最も多く41.1%で、4割強の女性ドライバーが毎日クルマを運転していることがわかりました。
エリア別に「ほぼ毎日」運転している女性ドライバーの割合をみると、北陸・甲信越では57.0%と6割近くとなり、中国・四国(51.9%)や九州・沖縄(50.5%)でも半数を超えました。

次に、自分が運転しているクルマのボディタイプを聞いたところ、最も割合が高かったのは「軽自動車」(50.5%)で、次いで、「コンパクトカー」(24.6%)、「ミニバン」(12.7%)、「SUV」(4.8%)、「セダン」(3.9%)となりました。女性ドライバーの2人に1人が、軽自動車に乗っているようです。
子どもの有無別にみると、子どもがいる人では「ミニバン」が23.3%になりました。ママドライバーの4人に1人はミニバンを運転しているようです。

■女性ドライバーのクルマ選び 重視したことは「価格」「外装デザイン」「メーカー・ブランド」
■運転してみて実感? もっと重視すればよかったことは「燃費」「運転のしやすさ」

女性ドライバーには、軽自動車やコンパクトカーが人気で、ママドライバーにはミニバンも人気であることがわかりましたが、女性ドライバーのクルマ選びでは、どのようなことが重視されているのでしょうか。
全回答者(1,000名)に、クルマを買う際、どのようなことを重視したかを聞いたところ、1位「価格」(63.1%)、2位「外装デザイン」(42.9%)、3位「メーカー・ブランド」(40.0%)、4位「運転のしやすさ」(38.6%)、5位「ボディのタイプ(軽自動車、ミニバン、SUV、コンパクトなど)」(37.5%)等の回答が上位となりました。価格を重視した人は6割強に及び、外装のデザインやメーカー・ブランドにこだわった人も4割以上となりました。

次に、クルマを買う際にもっと重視すればよかったと思うことがある女性ドライバーの割合をみると、61.5%でした。6割以上の人が悔いが残るクルマ選びだったようです。さらに、重視すればよかったと思うことがある人(615人)が、何を重視すればよかったと感じているのかをみると、1位「燃費の良さ」(23.7%)、2位「運転のしやすさ」(18.0%)、3位「価格」(17.4%)、4位「室内の広さ」(13.5%)、5位「外装デザイン」と「安全性能」(いずれも12.4%)となりました。

■女性ドライバーが乗っているクルマの購入価格 平均171.7万円 20代は158.4万円 30代は185.1万円
■次回買いたいクルマの平均予算は183.4万円

全回答者(1,000名)に、現在乗っているクルマの価格を聞いたところ、「100万円〜150万円未満」(23.5%)や「150万円〜200万円未満」(22.4%)との回答が多く、平均額は171.7万円となりました。
年代別に平均額をみると、20代では158.4万円、30代では185.1万円でした。

また、全回答者(1,000名)に、次回クルマを買う際、いくらくらいのクルマにしたいと思うか、希望予算を聞いたところ、「100万円〜150万円未満」(23.7%)や「150万円〜200万円未満」(21.9%)のほか、「200万円〜250万円未満」(17.7%)と「300万円以上」(17.2%)にも回答が集まり、平均額は183.4万円でした。次は、現在乗っているクルマよりも価格の高いクルマに乗りたいと考えられているようです。

■乗りたい理想のクルマ1位は「運転しやすいクルマ」、運転好きは車内環境にこだわり
■新社会人にオススメのクルマとは? 「運転しやすいクルマ」と「安全なクルマ」がツートップ

全回答者(1,000名)に、どのようなクルマに乗りたいと思うかを聞いたところ、1位は「運転しやすいクルマ」(60.0%)、2位は「安全なクルマ」(54.2%)、3位は「故障しないクルマ」(33.9%)、4位は「低価格なクルマ」(33.2%)、5位は「丈夫なクルマ」(31.1%)となりました。
ここで運転が好きな女性ドライバー(561名)についてみると、「乗っていて落ち着くクルマ」(好き34.0%、好きではない25.7%)や「車内がスタイリッシュなクルマ」(好き21.7%、好きではない13.2%)が高くなりました。運転が好きな女性ドライバーは、車内の快適性やデザインにもこだわりがあるようです。

また、全回答者(1,000名)に、これからクルマを買おうとする新社会人にアドバイスするとしたら、どのようなクルマをオススメするか聞いたところ、1位「運転しやすいクルマ」(47.5%)、2位「安全なクルマ」(47.2%)、3位「丈夫なクルマ」(24.8%)、4位「故障しないクルマ」(24.3%)、5位「低価格なクルマ」(20.9%)となりました。“サイズが大きくない”や“視界性・見切り性がいい”といった運転がしやすいクルマ、“先進安全装備がついている”など乗員にも歩行者にも安全なクルマを新社会人にオススメする女性ドライバーが多いようです。

≪女性ドライバーのクルマのアレンジ・カスタマイズ≫
■女性ドライバーには“車内空間のアレンジ”が人気
人気のアレンジ・カスタマイズ 1位「シートカバー」2位「ルームミラー」3位「ステアリング」
■ママドライバーは運転中も子どもが気になる! 3人に1人が「ルームミラー」をアレンジ・カスタマイズ

全回答者(1,000名)に、自分のクルマに行っているアレンジ・カスタマイズを聞いたところ、何らかのアレンジやカスタマイズを行っている女性ドライバーは48.5%となりました。

では、女性ドライバーは、どのようなアレンジやカスタマイズを行っているのでしょうか。
アレンジやカスタマイズを行っている人(485名)の回答をみると、1位「シート(カバーなど)」(28.9%)、2位「ルームミラー」(27.4%)、3位「ステアリング・ハンドル」(22.7%)、4位「ドライブレコーダー」(16.9%)、5位「キー(カバーなど)」(15.9%)となり、シートやルームミラー、ステアリングなど車内空間のアレンジが人気でした。また、昨今迷惑運転被害への対応などで注目されるドライブレコーダーも上位となっていました。
子どもの有無別にみると、子どもがいる人では、「ルームミラー」(35.5%)が1位でした。後部席の子どもの様子が確認できるようなルームミラーにアレンジしているママドライバーが多いのではないでしょうか。

■アレンジ・カスタマイズ満足度 1位「音響システム・スピーカー」、「車内アロマ」もTOP5にランクイン
■車内の便利アイテム 1位「ティッシュ・ウエットティッシュ」2位「ゴミ箱」3位「スマホ充電器」

女性ドライバーが行っているアレンジ・カスタマイズは多岐にわたっていましたが、どのアレンジ・カスタマイズの満足度が高いのでしょうか。
各アレンジ・カスタマイズの満足度をみると、1位は「音響システム・スピーカー」でアレンジ・カスタマイズした人の64.4%がやってよかったと評価しました。また、2位は「ドライブレコーダー」(61.0%)、3位は「シート(カバーなど)」(55.0%)、4位「センサーシステム」(54.2%)、5位「車内アロマ」(54.0%)でした。音響システム・スピーカーの交換は、行っているアレンジではTOP10ランク外(12位)でしたが、実施した女性ドライバーの満足度は高いアイテムのようです。また、比較的費用を抑えてアレンジ・カスタマイズできるシートカバーや車内アロマも満足度が高くなっており、オススメのアレンジ・カスタマイズといえそうです。

また、クルマに積んでおくと便利なアイテムについても質問しました。
全回答者(1,000名)に、クルマの中に置いてよかったと思うものを聞いたところ、1位「ティッシュペーパー・ウエットティッシュ」(44.2%)、2位「ゴミ箱」(30.0%)、3位「スマホ充電器」(27.7%)、4位「芳香剤・消臭剤」(25.2%)、5位「クッション」(11.4%)となりました。ちょっと車内をお掃除したり、手や口元を拭いたりと大活躍のティッシュペーパー・ウエットティッシュは、女性ドライバーの必需品のようです。また、2位にはゴミ箱がランクインし、清潔好きな女性ドライバーが多い様子がうかがえます。

■クルマを自分好みにアレンジするためにかけてもいい金額 平均は68.3万円
■新年度を機に車内を模様替えしたい女性ドライバーは5人に1人

全回答者(1,000名)に、クルマを自分好みにするためにかけてもいいと思う費用を聞いたところ、「10万円〜30万円未満」(20.4%)との回答が最も多くなりました。また、「200万円以上」(14.7%)といった回答も1割半みられ、0円(15.8%)との回答も含めて算出した平均は68.3万円でした。

また、全回答者(1,000名)に、新年度スタートを機に、クルマのインテリアを模様替えしたいかどうか聞いたところ、『したい(計)』(「非常にあてはまる」と「ややあてはまる」の合計)は21.3%と、5人に1人の割合となりました。

■「自分のクルマに満足」女性ドライバーの8割半、クルマをアレンジしている女性では約9割

全回答者(1,000名)に、自分が運転しているクルマに満足しているかどうかを聞いたところ、『満足(計)』(「非常にあてはまる」と「ややあてはまる」の合計)は84.4%となり、8割半の女性ドライバーが、自分のクルマに満足していることがわかりました。
クルマのカスタマイズ状況別にみると、クルマをアレンジ・カスタマイズしている人では『満足(計)』が87.8%と約9割になった一方、アレンジ・カスタマイズしていない人では81.2%でした。自分の好みに合うようにクルマに手を加えることで、クルマへの満足度が高まっているようです。

≪女性ドライバーのインテリアへのこだわり≫
■子どもがいてもクルマのインテリアにはこだわりたい 女性ドライバーの4割半
■女性ドライバーのインテリアのこだわりTOP3 「シンプル」「清潔」「お気に入りのグッズ」
■ママドライバーの約3割は「子どもを飽きさせないようモニターやおもちゃを車内に」

女性ドライバーが行っているアレンジ・カスタマイズでは、シートやルームミラー、ステアリングなど車内空間のアレンジが人気でした。そこで、クルマのインテリアについての質問を行いました。
全回答者(1,000名)に、子どもができても(いても)、クルマのインテリアにこだわりたいかどうかを聞いたところ、『こだわりたい(計)』(「非常にあてはまる」「ややあてはまる」の合計、以下同じ)は45.0%となりました。
年代別にみると、20代では『こだわりたい(計)』が48.4%と半数近くとなり、30代(41.6%)より高くなりました。

次に、自分のクルマの車内のインテリアについて、こだわっていることを聞いたところ、こだわっていることがある人(560名)では、1位「シンプルで落ち着いたインテリアにしている」(34.8%)、2位「こまめに清掃をし、なるべく汚さないよう清潔に保っている」(33.0%)、3位「お気に入りのグッズや香りで気分があがる空間にしている」(23.4%)となりました。シンプルさや清潔感にこだわっている女性ドライバーが多いようです。
子どもがいる人(232名)についてみると、「子どもを飽きさせないようモニターやおもちゃなどを置いている」は28.9%でした。約3割のママドライバーが子どもを意識したこだわりを持っているようです。

≪女性ドライバーのカーライフ≫
■もう一つの部屋? 「駐車中のクルマで過ごしたこと」半数が経験 クルマのマイルーム化は20代で顕著
■女性ドライバーあるある? 「ノーメイクでの運転をみられた」「車内での熱唱をみられた」3人に1人が経験

女性ドライバーのクルマのインテリアに対するこだわりについてみてきましたが、全回答者(1,000名)に、車内での過ごし方についても質問を行いました。
まず、これまでに(一人になりたいときなど)駐車中のクルマで過ごしたことがあったかを聞いたところ、「あった」は49.2%、「なかった」は50.8%で、運転するとき以外に、駐車中のクルマの中で時間を過ごしたことがある人が約半数となりました。女性にとって、自分のクルマの中は、もう一つの“マイルーム”となっているようです。
年代別にみると、20代のほうがマイルーム化しているようで、20代では54.8%が「あった」とし、30代(43.6%)より高くなりました。

プライベート空間に近いだけに、クルマの中ではつい気が緩んでしまうこともありそうです。
ノーメイクのまま運転していたら近所の人にみられたことがあるという女性ドライバーは35.5%、熱唱しているところを対向車にみられたことがある女性ドライバーは36.3%と、どちらも3人に1人の女性ドライバーが経験していることがわかりました。

■女性ドライバーのお悩み「車が汚れる」「装備の使い勝手が悪い」「燃費が悪い」
■「運転中に子どもがぐずって困った」 ママドライバーの75%が経験

女性ドライバーが日頃、クルマに乗っていて、困っていることや苦労していることはどんなことなのでしょうか。
全回答者(1,000名)に、自由回答形式で聞いたところ、「外装の汚れ」「装備の使い勝手が悪い(ナビ・ドリンクホルダー・オーディオなど)」「燃費が悪い」といった内容が多く挙げられました。
外装については、「白いボディなので汚れが目立つ(30代)」「車体の色が黒なので、汚れが目立つ。こまめに洗車しなければならない(20代)」など、ボディカラーによる悩みのほか、「車庫がないのですぐ汚れる(20代)」など置き場所による悩みもあるようです。大切な愛車をキレイに保ちたいという、女性ならではの気持ちの表れかもしれません。
装備については、「水筒やコップが車のコップ立てに合わないサイズでずれる(30代)」「箱ティッシュを運転席から片手で楽々取れる位置に置きたい(30代)」「ハンドルカバーの劣化(30代)」など様々な声が寄せられていました。こうした悩みは、便利なアイテムを使ったプチカスタマイズやアレンジで、解消できるものもありそうです。
また、「駐車が下手なので、狭い駐車場や混んでいる駐車場はドキドキ(30代)」など、駐車に苦手意識を持つ女性ドライバーも多いようです。さらに、「子どもがいるので、旅行や大人数で乗る時などもう少し荷物が乗せられると良かった(20代)」など収納関連の問題もコメントとして挙がりました。

また、子どもがいる人(424名)に、運転中に子どもがぐずって困ったことがあるかどうか聞いたところ、「あった」人は75.0%と、育児中ママの4人に3人の割合となりました。

■女性ドライバーが男性に乗ってほしいクルマ 1位「車内がキレイ」2位「車内が広々」3位「車内がよい香り」
■ドライブデートでキュンとする! 1位「渋滞中も楽しい会話」2位「体調などに気遣い」3位「道順を事前に調査」

女性ドライバーは、パートナー(恋人、夫)とのカーライフでは、どのようなことを感じているのでしょうか。
まず、全回答者(1,000名)に、パートナー(恋人、夫)の男性にどのようなクルマに乗ってほしいと思うかを聞いたところ、1位「車内がキレイ(清潔)」(56.1%)、2位「車内が広々している」(34.7%)、3位「車内がよい香り」(32.3%)、4位「こまめに洗車されていつもピカピカ」(31.5%)、5位「荷物が積みやすい」(26.0%)という結果となりました。女性ドライバーの5割半以上が、車内の清潔さに厳しい目を光らせているようです。車内の広さや香りが気になる女性も高い割合でした。また、「車内の装備が使いやすい(ナビ、エアコンなど)」(25.8%)も約4人に1人となり、装備の使いやすさも重要なポイントのようです。
ナビが古い、エアコンが効かない……、こんなクルマに乗っている男性は、パートナーに幻滅されてしまうかもしれません。

また、全回答者(1,000名)に、自分の運転で男性とドライブデートをするとしたら、男性のどんな行動にキュンとするかを聞いたところ、1位「渋滞中も楽しい会話をしてくれる」(48.2%)、2位「休憩や体調などに気を遣ってくれる」(45.2%)、3位「行先までの道順を事前に調べておいてくれる」(33.5%)、4位「好きな音楽を流してくれる」(32.9%)、5位「持っていた荷物を車に積み込んでくれる」(32.4%)となりました。運転には神経を使うことも多いだけに、同乗者の配慮に欠ける行動は、大きなマイナスポイントになってしまうものです。
渋滞中に楽しませてくれたり、体調を気遣ってくれる、道順を調べてくれるなど、さりげなくドライバーとしての女性をフォローしてくれる男性なら、女性ドライバーの心をガッチリとつかめそうです。

■女性ドライバーも憧れる!? ドキッとする男性ドライバーのしぐさ
1位「一発で車庫入れ」2位「歩行者や他のクルマに道を譲る」3位「ブレーキ時に助手席に手」
■こんな男性ドライバーにはガッカリ 1位「渋滞でイライラ」2位「運転があらい」3位「車内がゴミだらけ」

女性ドライバーは、男性の運転をどんな風に見ているのでしょうか。全回答者(1,000名)に、男性ドライバーのどんなしぐさにドキッとするかを聞いたところ、1位「車庫入れの時、一発で定位置に停める」(39.5%)、2位「歩行者や他のクルマに道を譲る」(37.1%)、3位「ブレーキを踏んだ時に、助手席に手を差し出して守ってくれる」(27.2%)、4位「駐車場などでの料金支払いがスムーズ」(24.4%)、5位「信号待ちの時、助手席の方を見て話しかける」(20.6%)となりました。車庫入れを一発で決める男性に“さすが!”と、ときめいてしまう女性が多いようです。
また、運転技術だけでなく、道を譲るマナーの良さや、ブレーキの時に自分を守ってくれる優しさなど、ドライブ時に垣間見える人間性にも、女性はドキドキしてしまうようです。

逆に、男性が運転する車でのドライブデート中に、されると幻滅してしまうことを聞いたところ、1位「渋滞でイライラする」(61.4%)、2位「運転があらい」(60.3%)、3位「クルマの中がゴミだらけ」(58.1%)、4位「タバコを何本も吸う」(53.5%)、5位「周りのクルマに文句」(49.9%)という結果でした。1位の渋滞は誰もがイライラしてしまうシーンですが、そんな時こそ同乗者の気持ちを考える、心の余裕を持ちたいものです。また、運転のあらいドライバーには、身の危険を感じてしまう女性も少なくないでしょう。清潔にこだわる人が多い女性ドライバーにとっては、車内がゴミだらけのクルマも論外といえそうです。

■助手席に乗ってほしい有名人ランキング
芸能人部門 1位「高橋一生さん」2位「竹内涼真さん」3位「松坂桃李さん」
スポーツ選手部門 「羽生結弦さん」がダントツ!

全回答者(1,000名)に助手席に乗ってほしい男性芸能人を挙げてもらいました。1位は「高橋一生さん」、2位は「竹内涼真さん」、3位は「松坂桃李さん」と、ドラマや映画、CMに引っ張りだこの、旬の男性芸能人が上位にランクインしました。1位の高橋一生さんが助手席に座ってくれたら、優しい笑顔に癒されるドライブデートになりそうです。

次に、助手席に乗ってほしい男性スポーツ選手を聞いたところ、1位「羽生結弦さん」、2位「イチローさん」、3位「内田篤人さん」でした。平


カテゴリ:調査・報告

マッチしたキーワード:ソング ライブ 音楽

←戻る
ニュース



▼管理・運営
豊作プロジェクト株式会社
東京都中野区中野3-1-6 N-1 ビル4F
Info@livehouse.com
▼サポート
システムサポート:ECサイト構築の豊作プロジェクト
デザイン:HANAMARU COMIX

▼このサイトはECサイト構築システムの豊作くんの技術で稼動しています。   情報の無断転載・転用は禁じます
Powered by ECサイト構築システムの豊作くん