株式会社JVCケンウッド 音楽ニュース livehouse.com ライブハウス ドットコム

有名ギタリスト10名によるビートルズトリビュートアルバム「While Solo Guitar Beatly Weeps」

ライブハウス
- SHOP - 動画ランキング - NEWS - ケータイ - サイトの登録・更新 -
ようこそゲストさん! - ログイン - メンバー登録 - パスワード忘れ -
ライブハウス
ライブハウス HOME
シェア
ニュース
←戻る
`

株式会社JVCケンウッド 
2021/04/08      PR TIMES
完全ワイヤレスイヤホン「HA-A8T」を発売

新形状のハウジングを採用し、フィット感を高めた開放型のエントリーモデル

株式会社JVCケンウッドは、JVCブランドより完全ワイヤレスイヤホンの開放型のエントリーモデルとして、ワイヤレスステレオヘッドセット「HA-A8T」を4月下旬より発売します。

本機は、耳によりフィットする新形状のハウジングを採用し、高い装着感を実現。また、口径10mmの高音質ドライバーとバスポートを搭載し、低域から高域までバランスのよいサウンドが楽しめます。使いやすさと高音質サウンドを備え、ストレスフリーなリスニングや通話を実現するハイコストパフォーマンスモデルです。



[画像1: https://prtimes.jp/i/45133/129/resize/d45133-129-798703-6.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/45133/129/resize/d45133-129-924212-3.jpg ]


<企画意図>
完全ワイヤレスイヤホンは近年、ケーブルを気にせずにリスニングが楽しめる快適さやテレワーク時などに手軽にハンズフリー通話ができる便利さからユーザーが急増しており、当社ではさまざまなニーズに応えるべく、商品ラインアップを拡充しています。エントリーモデルとしては「HA-A10T」(2019年11月発売)や「HA-A7T」(2020年11月発売)を発売し、ライトユーザーから大きな支持を受けヒット商品となっています。

今回当社は、さらにエントリーモデルを拡充し、小型・軽量で使いやすさと高音質を備えた開放型のハイコストパフォーマンスモデルとして「HA-A8T」を発売します。本機は耳への圧迫感が少ない開放型を採用しており、耳の奥にイヤーピースを挿入する密閉型(カナル型)を躊躇している方に気軽に選んでいただける商品として提案します。

本機は、耳へのフィット感を高め、外れにくい新形状のハウジングを採用。また、高磁力ネオジウムマグネットを採用した口径10mmのドライバーとバスポートを搭載するとともに、低音を強化する設計を施し、開放型ながら迫力のある低音から抜けのある高音までバランスよく、パワフルでクリアな高音質サウンドを楽しめます。

<主な特長>

[画像3: https://prtimes.jp/i/45133/129/resize/d45133-129-831105-4.png ]

1.開放型で外れにくい新形状のハウジングを採用、長時間でも軽快な装着感を実現
角度をつけた新形状のハウジングを採用し、開放型としつつ、耳によりフィットする高い装着感を実現。質量約5g(片耳)というイヤホン本体の軽量さも相まって、テレワークなどの長時間の使用でもストレスなく軽快な装着感を実現します。

2.口径10mmの高音質ドライバーと低音を強化する設計によりバランスのよいサウンドを実現
ドライバーユニットには口径10mmの高磁力ネオジウムマグネットを採用。さらに音を効率的に外耳道へと導くことができるように設計し、バスポートを配置することで開放型ながら迫力のある低音サウンドを実現します。低域から高域までバランスよく、パワフルでクリアな高音質サウンドを楽しめます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/45133/129/resize/d45133-129-542411-5.jpg ]

3.ワンボタンによる簡単操作が可能
左右の本体それぞれに備えたワンボタンを使って、再生/一時停止/曲送り/曲戻しや、ボリューム調整などの基本操作が簡単に行えます。

4.自動で電源のON/OFFやワイヤレス接続ができるオートオン/オフ&オートコネクト機能を搭載
一度ペアリングを完了させた端末であれば、充電ケースからイヤホンを取り出すだけで電源が入り、自動でワイヤレス接続します。また、使用後はイヤホンを充電ケースに戻すと自動的に電源が切れます。

5.安定したワイヤレス接続を実現
Bluetooth(R)標準規格 Ver.5.0/Power Class1に対応するとともに、アンテナ位置を最適化することで、安定したワイヤレス接続を実現します。

6.内蔵バッテリーと充電ケースで合計約15時間※1の長時間再生を実現
本体のみで約6時間※1の連続再生と充電ケースでのフル充電(約6時間※1×1.5回)により合計約15時間※1の長時間再生が可能です。また、15分の充電で約1時間※1の連続再生が可能なクイック充電にも対応します。
※1:使用条件により変わります。

7.雨や水しぶきを気にせず使える生活防水仕様※2
※2 : JIS保護等級4級(IPX4)相当。イヤホン本体のみ対応。

8.スマートフォンの音声アシスタント機能の起動※3に対応
※3:接続機器の仕様により、対応していない場合があります。

9.テレワーク時やハンズフリー通話に使用可能※3な内蔵マイクを搭載

10.持ちやすい形状の小型充電ケースを付属
充電ケースは持ちやすい小型の形状で、本体とケースにマグネットが付いており落下防止に役立ちます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/45133/129/resize/d45133-129-377095-10.png ]



<商標について>
・Bluetooth(R)のワードマーク及びロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、株式会社JVC ケンウッドはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
・その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。

当社プレスリリースURL:https://www.jvc.com/jp/press/2021/press-210408-01/
製品ページURL:https://www.jvc.com/jp/headphone/lineup/ha-a8t/

本件に関するお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------------------------------------------
【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】 JVCケンウッド カスタマーサポートセンター
TEL : 0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)/
0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル) / 045-450-8950(一部IP電話から)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
www.jvckenwood.com

PR TIMESプレスリリース詳細へ


←戻る
ニュース



▼管理・運営
豊作プロジェクト株式会社
東京都中野区中野3-1-6 N-1 ビル4F
Info@livehouse.com
▼サポート
システムサポート:ECサイト構築の豊作プロジェクト
デザイン:HANAMARU COMIX

▼このサイトはECサイト構築システムの豊作くんの技術で稼動しています。   情報の無断転載・転用は禁じます
Powered by ECサイト構築システムの豊作くん